• Slider Image
  • Slider Image
  • Slider Image
  • Slider Image
  • Slider Image

光を使って『究極的な省エネ』を目指す

慶應義塾大学理工学部電子工学科 田邉フォトニック構造研究室

私たちの研究室では,光の本質に迫り,光の新たな利用を開拓に関する研究を行っています.

例えば,従来電気で行われていた信号処理を光で置き換えると,従来では不可能だった信号処理の大幅な省エネ化が実現できる可能性があります.

光LSIを実現するためには微小光共振器といわれる光を閉じ込める小さな容器の開発が不可欠です.…最新の研究情報を見る

<過去のお知らせ一覧>

最新の研究情報

誘導ラマン散乱を介した微小光共振器中のラマンコム発生

~ラマンコムを用いたパルス光源実現に向けて~

Read More

直交する二偏波モードを保持するガラス製フォトニック結晶共振器の開発

~水平・垂直偏波の両方に関して長い閉じ込め時間を達成~

Read More

結合共振器を用いた動的光バッファ

~光を小さなガラス容器に保持し読み出しにも成功~

Read More

CMOS互換プロセスで作製したフォトニック結晶EO変調器

~電気回路との集積に向けて~

Read More