研究について

  • Slider Image

日程 教育 研究 国際 実績 アルバム Q&A

『光を使って究極的な省電力を実現する』

研究の目的

LSI

 光の本質に迫り,光を究極的に使いこなして,光の新たな利用方法を開拓する研究を行います.目指すゴールは「光を使って究極的な省エネ」の実現です.

 一つの例が超省電力光信号処理回路です.従来の電子技術だけではできなかった信号処理の大幅な省電力化を光を利用して実現させます.そのために必要となるのが,微小光共振器と呼ばれる光を閉じ込め容器の開発です.光を閉じ込めることで,光メモリや光スイッチ素子などを実現することができます.

 「光を究極的に閉じ込める」という光の物理現象の本質を操作するようなワクワクする物理研究と,省エネ光回路の実現などを目指した工学的な研究の両輪で研究を進めています.また,近年研究室の柱のテーマとして成長つつある,光周波数コム研究世界最小のパルスレーザ開発AIを用いたナノフォトニクス素子の高性能化は,物理から応用まで幅広い領域をカバーする研究です.

研究テーマ

 以下に研究テーマの例を示します.詳細は研究室に来て実際に実験装置を見ながら説明を聞いてください!

 silica_sphere
Toroid
Cavity
Nanoparticle detection

研究プロジェクト&共同研究

当研究室では共同研究を積極的に進めています.

  • JAXA(宇宙開発機構) – 微小な光周波数コム光源の衛星搭載や宇宙利用を目指して共同研究をしています.
  • NICT(情報通信研究機構) – 微小な光周波数コム光源の通信応用やTHz波応用を目指して共同研究をしています.
  • AIST(産業総合研究所) – フォトニック結晶の光回路応用に関連して共同研究を行っています.
  • Washington大 – 超高速繰り返しパルスレーザの開発に関連して共同研究を行っています.
  • 東大 – カーボンナノチューブに関連して共同研究を行っています.
  • システムデザイン工学科 柿沼研究室 – 超精密加工を用いた微小光共振器を作製しています.
  • 物理情報工学科 牧研究室 – カーボンナノチューブに関連する研究を行っています.
  • Freiburg大 – 結晶共振器に関する研究を行っていました.
  • ミュンヘン工科大学 – 2次元材料に関する研究を行っていました.
  • NTT – フォトニック結晶に関する研究を進めていました.
  • Harvard大・Purdue大・INRS・UC Davis・OISTなどに学生が長期滞在しそれぞれ研究を遂行していました

様々な研究プロジェクトにも参加しています.

  • 経産省系のプロジェクト:東工大,東大,慶應(田邉研究室),産総研と,光協会や日本を代表する企業5社による共同プロジェクトです.
  • 総務省系のプロジェクト:当研究室で提案し津田研究室とも協力しながら光コムの通信応用を目指します.
  • 文科省系のプロジェクト:東大などと連携し,次世代光加工用光源の開発を進めています.

研究室の研究設備

様々な実験設備を有しています.詳細は別ページに掲載してあります.

日程 教育 研究 国際 実績 アルバム Q&A